エアアジア・ジャパン、名古屋市と「名古屋市とエアアジア・ジャパン株式 会社 との連携と協力に関する観光・交流協定」を本日締結

エアアジア・ジャパン株式会社(本社:愛知県常滑市)は、本日2018年3月21日名古屋城本丸御殿において、名古屋市と「名古屋市とエアアジア・ジャパン株式会社との連携と協力に関する観光・交流協定」を締結いたしました。

今回の協定では、エアアジア・ジャパンは名古屋市と緊密な連携を図り、エアアジア・ジャパンが拠点とする名古屋圏の魅力向上や観光促進を行います。2017年10月29日に名古屋(中部)-札幌(新千歳)線で運航を開始したエアアジア・ジャパンは、地域に根差したエアラインとして、地域とともに成長していきたいとの想いから、今回の協定の締結に至りました。

今回の契約締結について、エアアジア・グループCEO トニー・フェルナンデスは次のようにコメント しています。「このたび、名古屋市とエアアジア・ジャパンの協定が結べることを心からうれしく思い ます。昨年10月に運航を開始したエアアジア・ジャパンは、まだ小さい所帯ではあるものの、この名古屋の地にしっかりと、着実に根をおろして、皆様のご支援をいただきながら、名古屋と札幌を結んでおります。今回の協定を機に、さらに多くの名古屋のみなさまが、エアアジア・ジャパンの気軽な空の旅を利用してくださり、中部国際空港・セントレアを拠点として旅立っていただければと思っております」

また、名古屋市長 河村たかし様は次のようにコメントしています。「中部国際空港の母都市である名 古屋市としても、『我が街のエアライン』として、エアアジア・ジャパンを末永く応援していきたいと 考えています。エアアジア・ジャパンには、成長著しいエアアジア・グループの一員として、この地域 を皮切りに日本に新たな風を起こすことを期待しています。また、この協定を基に国内外から名古屋へ の誘客や、市民が航空業界に一層興味を持つ取り組みを、名古屋市と共に取り組んでいただけるものと 信じています」

エアアジア・ジャパンは、中部国際空港・セントレアを拠点として、地域とともに成長してまいりま
す。

Japan, NewsMinjun YuNagoya