エアアジア・ジャパン、機内で「なごやめし」の魅力を発信

NAGOYA, 20 April 2018 - エアアジア・ジャパン株式会社(本社:愛知県常滑市)は、4月27日(金)から5月31日(木)まで の期間、名古屋(中部)-札幌(新千歳)線の機内において、名古屋のご当地グルメである「なごや めし」の情報発信を行います。

エアアジア・グループでは、機内食を通じて就航地であるアジアや日本の食文化の体験を提供して いますが、名古屋を訪れるお客様の増加が予想される春の多客期に合わせて、ご自由にお持ち帰りい ただける「なごやめし飲食店ガイドMAP」を機内座席シートポケットに設置し、札幌(新千歳)から 名古屋(中部)に向かうフライトにおいて客室乗務員による機内アナウンスで名古屋の食文化のご紹 介を行います。

これは、エアアジア・ジャパンが、3月21日に名古屋市と結んだ「名古屋市とエアアジア・ジャパン 株式会社との連携と協力に関する観光・交流協定」に基づき、エアアジアが拠点とする名古屋エリア の魅力を伝える取り組みの一環として実施されます

なごやめしは、みそかつ、手羽先、ひつまぶしなど名古屋及び近郊で広く受け入れられ、愛されて きた地域独特のメニューで、家庭や飲食店で広く食されているものです。エアアジア・ジャパンの機 内食「きしボナーラ」は名古屋名物きしめんをパスタの替わりに使い、塩昆布とカルボナーラソース の絶妙なバランスで和風テイストに仕上げた、就航以来人気ナンバーワンのメニューで、このたび機 内食で初めて 「なごやめし普及促進協議会」に公認いただきました。

■なごやめし普及促進協議会公認機内食メニュー「きしボナーラ(名古屋風きしめんカルボナーラ)」

機内販売価格:850円(税込、事前予約価格750円)

エアアジア・ジャパンは、中部国際空港・セントレアを拠点として、地域とともに成長してまいり ます。

 

Japan, NewsMinjun YuNagoya