タイ・エアアジアX、福岡―バンコク線に就航

本プレスリリースは2019年3月28日(木)にタイ・バンコクで発表された内容の抄訳です

・7月4日(木)から週4往復8便で運航
・3月29日(金)13:00から航空券の販売を開始
・就航記念特別価格は片道9,900円*から

バンコクで記者会見を行ったタイ・エアアジアX CEO ナダ・ブラナシリ(中央)

バンコクで記者会見を行ったタイ・エアアジアX CEO ナダ・ブラナシリ(中央)

タイ・エアアジアX(本社:タイ・バンコク)は、福岡とバンコクを結ぶ直行便を就航させることを発表しました。バンコク発は7月3日(水)から、福岡発は7月4日(木)から、週4往復8便で運航を開始いたします。機材はエアバスA330型機で運航します。福岡へのエアアジア・グループの乗り入れは、3月から運航を開始しているマレーシアのエアアジアXに続き、2番目の路線になります。

今回の就航を記念して、タイ・エアアジアXでは、福岡―バンコク線で片道9,900円*の特別価格を用意しました。対象搭乗期間は7月4日(木)から10月26日(土)です。特別価格を含め、航空券の販売は3月29日(金)13:00からです。就航記念価格の予約期間は同日から4月14日(水)までです。

エアアジアXグループCEO ナダ・ブラナシリは次のようにコメントしています。「今回の新規就航により、日本の主要都市とバンコク、さらには東南アジアやインド、オーストラリアなどその先の様々な都市をエアアジアの幅広いネットワークで結ぶことになります。タイ・エアアジアXは、日本とタイを結んだ初のLCCであり、日本の観光や経済に幅広く貢献するものと確信しています。今回の新路線により、両国のさらなる経済成長を加速させる一助となることを期待しています」

福岡からご利用いただくお客様には、エアアジアのフライスルー(Fly-Thru)サービスを利用することで、福岡空港での1度のチェックインで、バンコクでの乗り継ぎが簡単にでき、チェンマイやプーケットなど人気の旅行先に気軽にお出かけいただけます。

タイ・エアアジアXは、2014年にバンコクと東京(成田)、大阪(関西)を結ぶ路線から事業を展開してまいりました。現在では、日本路線ではバンコクから札幌(新千歳)、名古屋(中部)への路線にも就航しています。この他に、タイ・エアアジアXは、バンコクから上海、天津、ソウル(仁川)、ブリスベンへの各路線を運航しており、本年はエアバスA330neoの受領によりさらにネットワークを拡大させていく予定です。

タイ・エアアジアXを含む、エアアジアの最新情報はFacebook(www.facebook.com/airasiajapan/)、Twitter(www.twitter.com/airasia_jpn)をご覧ください。

* エアアジアBIG会員向け片道運賃。座席数限定。預け入れ手荷物などの手数料は含まず。諸条件が適用されます。


190328 XJ FS.png