エアアジアX、米国路線開設へ ~アジアLCCとして初めてFAA承認を取得~

SEPANG, 24 January 2017 - エアアジア・グループ傘下でマレーシアの大手長距離航空会 社であるエアアジアXは、アメリカ連邦航空局(Federal Aviation Administration、略称:FAA)よ り米国路線開設に関する承認を得ました。アジアのLCCとしては初めての承認です。今回の承認 を受けて、エアアジアXは、米国内の様々な拠点への路線への就航が可能となります。ホノルル を含むいくつかの拠点にむけて路線拡張をすでに検討しております。エアアジアXグループCEOのダトック・カマルディン・マラノンは次のようにコメントいたしま した。「これまで私たちはアジアを中心に、オーストラリア、中東までネットワークを展開して きましたが、今回の承認により全く新しい市場を開拓できることに大変興奮しています。」

エアアジアX・グループについて
エアアジアXは、現在アジア、オーストラリア、ニュージーランド、アフリカと中東の22の地域
へネットワークを展開しています。2007年の設立から1900万人のお客様にご利用いただいていま
す。 エアアジアXは、2013~2016から4年連続でSkytrax World Airline AwardsでWorld Best Cost
Airline Premium CabinとBest Low Cost Airline Premium Seatを獲得しました。

Japan, NewsMinjun YuSepang