タイ・エアアジアX、札幌-バンコク線に就航

・就航記念特別運賃を片道11,900円*でご提供
・札幌へはエアアジアX、エアアジア・ジャパン、タイ・エアアジアXの3社が就航

 中央右:タイ・エアアジアX CEO ナダ・ブラナシリ/中央左:タイ国政府観光庁東京事務所所長 パッタラ アノン・ナチェンマイ様

中央右:タイ・エアアジアX CEO ナダ・ブラナシリ/中央左:タイ国政府観光庁東京事務所所長 パッタラ アノン・ナチェンマイ様

SAPPORO, 2018年4月11日 - タイ・エアアジアXは、本日から、札幌(新千歳)-バンコク(ドンムアン)線の運航を開始しました。この路線は、A330-300型機で毎日運航されます。エアアジア・グループによる札幌路線は、エアアジア・ジャパンによる名古屋(中部)線、エアアジアXによるクアラルンプール線に加え、3番目の 路線となります。

今回の路線開設は、エアアジア・グループの日本市場に対するコミットメントの表れであり、路線 開設を記念して、片道11,900円*の特別運賃をご用意いたしました。この特別運賃は、エアアジアのウェブサイトから予約していただくことができ、予約期間は本日から4月22日(日)まで、ご搭乗期間は 10月27日(土)までです。

タイ・エアアジアXのCEO(最高経営責任者)であるナダ・ブラナシリは次のようにコメントしています。「本日、北海道の皆様にバンコク線のサービスを提供できるようになったことを心から喜ばしく思います。2014年に長距離LCCのコンセプトを導入して以来、私たちは大きな成長を遂げ、一貫して路線、便数の拡大を図ってきました。私たちは、日本の皆様にタイの豊かな文化に触れてもらいたいと考えており、バンコクと東京(成田)、大阪(関西)に加え、札幌(新千歳)を結ぶ路線を開設できたことは、私たちにとって大きなマイルストーンとなりました。私たちは日本からのネットワークを拡大して、お手頃価格と世界最高のサービスを日本全国の皆様にお届けします」

エアアジアは、グループとして、タイを含むアジア全域と、それを超える世界でも最も幅広い路線ネットワークを持っており、魅力的なお手頃価格が市場により多くの需要を生み出すと確信しています。

タイは東南アジアの中心に位置しており、熱帯気候と魅惑的な雰囲気を誇る活気あふれる旅行先です。 日本の旅行者の皆様には、エアアジアのお手頃価格の運賃を利用して、プーケットやクラビの遠くまで澄んだビーチ、チェンマイやチェンライといった高原地域での長期滞在、タイ料理やタイの伝統的なおもてなしを本格的に体験していただくことがより身近になります。

バンコクより先に向かわれたい旅行者の皆様は、札幌で一度だけ手荷物をチェックインしていただければ「フライスルー」サービスにより、バンコクで簡単に乗り換えてチェンマイ、プーケット、クラビにシームレスに旅をしていただくことができます。ワンランク上の快適性を望むお客様は、受賞歴のあるプレミアムフラットベッドシートをご利用することも可能です。

ブラナシリは、「この路線の年間を通じた平均搭乗率は85 – 90%と見込んでおり、タイからの旅行者の増加により、北海道の観光と経済の成長に貢献できると考えています。バンコクからの初便は、高い搭乗率で非常によい兆候だと思っています。北海道は、タイの人たちにとって間違いなく、待望の旅行先なのです」と付け加えています。

札幌(新千歳)-バンコク(ドンムアン)線 運航スケジュール(2018年4月11日から)

japan sapporo bangkok 2.png

*片道運賃。座席数限定。預け入れ手荷物などの手数料は含まず。諸条件が適用されます

 

Japan, NewsMinjun YuSapporo